幾何学的模様の背景

データを読み解く意味

ヘッドセットを付けた女性

ビジネスはデータだ

DMPという言葉は、最近の広告アプローチを考えるときには必ずと言ってもいいほど頻出する単語です。
データマネジメントプラットホームと呼ばれるこのシステムの存在意義は、ユーザーのデータを収集して管理と解析を行うことができるところにあります。
ビジネスはデータだ、それは多くの現場担当者が身にしみてわかっていることです。
だからこそ、市場調査として顧客層の情報を収集して、その情報にマッチする製品やサービスを提供するのが今のビジネスの流れです。
製品を売りだせば必ず売れる時代ではなく、ユーザーが認めた商品でなければ売れない時代だからこそ、データを収集してビジネスを行うことが大切です。
DMPを利用することは、その論理にまさしく欠かせない、ユーザー情報の収集を行ってくれるシステムを導入することだといえます。

収集できる情報

DMPが取扱ってくれる情報、それは顧客の情報です。
顧客の情報といえば、いわゆる顧客関係管理システムなどで取り扱われる、取引顧客の情報のことがイメージされやすいです。
それはそれで、CMSというシステムが収集管理してくれるデータです。
それとは違って、DMPはオンライン上でウェブサイトを訪れる顧客から見込み客、そして一般のユーザーの情報を収集します。
ウェブサイトを利用するにあたって痕跡として残るクッキーという回線のログ情報を収集して解析することで、あるユーザーがどのようにウェブサイトに辿り着いたのかを知ることができます。
それによって、ウェブサイトに流入してきた元のリンクを知ることができれば、何を期待して顧客がウェブサイトを利用したのかがわかります。
また、ウェブサイト内で顧客がどのような行動をしたのかを収集して集積すれば、ウェブサイトの利用状況がデータとして蓄積されています。
DMPが収集したこれらの情報から、今自社の提供しているウェブサイトに求められていることが明らかになります。
つまり、DMPを利用すれば、もっと顧客にちょうどいいウェブサイトを提供できるようになって、もっと顧客満足に繋がるサービスが提供できて、最終的には、もっと売上を期待することができるようになります。