幾何学的模様の背景

拡張機能がリリース

散らかった部屋

解析ツールは使用困難

DMPを導入すればウェブサイトの解析を行うことができますが、そのことについて考えれば、いわゆるアクセス解析ツールを導入すればそれで済む話だと言われてもおかしくはありません。
もちろん、ウェブサイトの解析という観点ではそれは間違っていません。DMPを利用しなくても、ウェブサイトの解析は十分可能です。
その点で、現在ではGoogleから、無料で利用できるにも関わらず高性能なアクセス解析ツールとして、グーグルアナリティクスと呼ばれるツールが登場していることは有名です。
グーグルアナリティクスを利用すると、今までのアクセス解析ツールとは比べ物にならないレベルで対象サイトの解析を進めることができます。
ただし、その解析結果から情報を分析して理解するのは、ツールを利用した担当者の仕事になります。
アクセスの時間帯やアクセス環境、検索結果やサイトの利用状況ログ、そういった情報を細かく調査して、ユーザーの姿を想定することは非常に大変です。
なぜなら、はじめから姿が見えない相手を何とかしてみようとすることは、どこに星があるのかという知識もないのに望遠鏡を覗きこんで星を探すような作業だからです。
つまり、ウェブサイトの解析ツールは使用困難な部分があることで、ウェブ担当者を困らせる要素になり得るということです。

連携システムの採用

利用することが難しい部分があるグーグルアナリティクスですが、DMPの中にはグーグルアナリティクスと連携することができるシステムもリリースされています。
グーグルアナリティクスを利用して得られたウェブサイトの利用傾向を、DMPを利用して収集したユーザーデータとリンクさせることができるため、どのようなユーザーがどうやってウェブサイトを利用しているのかが簡単にわかります。
グーグルアナリティクスだけでは自分で想像するしかなかった相手の姿を、DMPを通せばあらかじめ相手の姿がわかった状態でアクセス解析が利用できます。
その結果、もっと簡単に、もっとわかりやすく、ウェブサイトの効果を測ることができるようになります。
その点で、DMPを導入して連携システムの採用を行うことには、確実に意味があります。