幾何学的模様の背景

便利なユーザビリティ

地球の立体映像

使いやすさは必見

DMPがいくら有用なツールだといっても、利用することそのものが難しいシステムだった場合、企業内に浸透することは難しいです。
そこで、DMPの導入を検討するにあたって、使いやすさは必見するべき情報だといえます。
利用することが難しいと感じられるものではなく、簡単に利用できてわかりやすいDMPが今ではリリースされているため、導入へのハードルは下がりました。
使いやすいDMPの秘訣は、データを可視化することができる点にあります。

ウェブサイト利用状況

DMPで可視化することができるものに、ウェブサイト利用状況を具体的なイメージでビジュアル化できるという点を挙げないわけにはいきません。
ウェブサイトのアクセス状況というデータを、DMPというフィルターを通せば、アクセス数やアクセス元の端末を、わかりやすく可視化できます。
誰がどんな端末で、どのような状況から利用しているのか、というリアルなウェブサイト利用状況を提示してくれるため、その状況にあわせたアプローチを検討することができます。
そうすれば、提供したウェブサイトの効果がもっと適切にユーザーに伝わるため、自社の成長が得られることは間違いありません。
そのために、使いやすくてわかりやすいDMPを利用することが欠かせません。

人物像の提案

DMPではウェブサイトにアクセスする以前の利用状況を知ることも可能で、収集したユーザーの特性から、どのような人物が何を求めてウェブサイトを利用しているのかを解析することも可能です。
年令や性別、ウェブサイトの利用目的、そういったものがわかればウェブサイトの改善に役立つ大切な資料とすることができます。
直接アンケートを取るよりもわかりやすい人物像の提案を行ってくれるのも、DMPの特徴です。